こんにちは!

 

キッズ衛生士の石井です。

 

17日水曜日、口腔育成ママ教室第4回目を迎えました。

 

今回の参加者はTさん!

Tさん家族は、3人の娘さんと、お父さん、お母さん、

家族みんなで根本歯科医院にメンテナンスに通っています。

 

 

DSC_1389 2

 

今回のテーマ

「正しいベロの位置ってどこ?」

 

普段、ベロの位置って気にしたことはありますでしょうか。

実は口の中には正しいベロの置き場所があります。

 

 

何もしていない時や、食べ物を飲み込む時、

ベロはスポットと言われる口蓋(上の前歯の少し後ろ)の位置にあります。

 

 

お話の途中「あ!私、下にあるかもしれない!」とTさんも発見があったようです(^ ^)

 

正しい位置にベロがあることによって、上顎がベロの筋肉に押し広げられ、

上顎が大きくなります。上顎が広がることによって、

きちんと歯がアーチ状に並び、歯並びが良くなります。

 

また、上顎にベロがきちんと付いている状態では、

口で呼吸をすることができません。

実は口呼吸を改善するためには

ベロの位置を正しい位置に持っていくことが

とても重要になってくるのです!

 

 

今回はガムを使ったロの発育チェックと、トレーニングを

行いました

 

①ガムを噛み、ベロを使いまるーくまとめる。

 (ベロの筋力が弱い場合、この時点で難しいです・・・)

②丸くしたガムを上顎の前歯より少し後ろ側にまるく押し付ける。

 (綺麗な形に押し付けられますか?)

③上顎にベロをつけた状態で唾を飲み込む。

 (ベロの動きを意識しましょう!)

 

上顎に着いたガムの形はどうなりましたか?

正しくベロを使えている場合ガムは、

奥に向かって広がっていきます。

 

いびつな形や、広がっていない場合

正しくベロを動かせていない場合が多いです。

 

このトレーニングを続けるとベロの正しい使い方や筋肉が

身についてきますよ( ´ ▽ ` )

 

とても簡単なので皆さんもやってみてくださいね♩

 

 

 

さてさて!次回は口腔育成ママ教室の第5回

お子さま参加型の教室を開催いたします♩♩

 

2月24日(水)16時から

「口の周りの筋肉を鍛えてみよう!」

 

 

 

「子どもの口ポカンが気になる・・・」

「口で呼吸しているような気がする・・・」

そんな悩みを持つお母さん!ぜひお子さまを連れて来てくださいね♩

 

楽しく遊びながら、一緒に学んでいきましょう(^○^)

 

参加人数が続々と増えているため

リニューアルした待合室で行いますよ〜♩

 

申し込みは

0471847773まで

お気軽にどうぞ( ^^ )

 

 

 

〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★

根本歯科医院ではお子様のむし歯予防だけではなく

正しい呼吸や飲み込み、筋肉やベロの位置を身につけ

むし歯0で綺麗な歯並び、整った顔、健康な体をつくる

「口腔育成」に力を入れています。

★〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★〜★