こんばんは!

0歳から通える家族予防の根本歯科医院、

歯科衛生士の石井です(^o^)

 

昨日は雪が降ったり止んだりととても寒い1日でしたね。

 

さて、0歳からの予防のお話です。

0歳からの予防っていまいちイメージがつきにくいですよね。

当院に通っている子の73%が0〜2歳の乳幼児です。

 

DSC_0072

 

 

 

なんで0歳から始める必要があるのでしょうか。

むし歯はママやパパ、周りの大人の人からむし歯の原因となる菌をもらって、発症します。インフルエンザや風邪と同じように、感染症なんですね。

実はこの菌、赤ちゃんのお口のなかには1匹もいないんです。歯が生え始めたら感染し定着をしていきます。

感染のピークを迎えるのが1歳7ヶ月から2歳7ヶ月。感染の窓といって、窓を開けたようにお口の中に定着をしてしまう時期があります。

その時期にどれだけ感染を防いであげられるかどうかが、今後の一生のむし歯のなりやすさに関わってくるんですね。

 

だからこそ感染のピークを迎える前に、根本歯科医院ではの「0歳からの予防」始めます♩

 

★感染予防をするための方法

★お子さまにあったケアを身につける

★離乳食や授乳など食生活のアドバイス

★歯並びをよく育ててあげる方法

 

などなど・・・

0歳から、お子さまのお口や体の健康にとって

できること・やってあげたいことがたっくさんあります。

 

それをライフスタイルに合った形でアドバイスを

もらえる場所が定期管理型の歯科医院なんですよ(^_−)−☆

お家での毎日の仕上げ磨きも泣いちゃって憂鬱な時間から、ママと子供がハッピーになれる時間になるようにサポートをします。

 

 

スライド8

 

初めてかかった年齢とむし歯保有率の関係を見ても、1歳以降はむし歯ができ始めることがわかりますね。

予防は問題がない時から始めてあげることが大切です\(^o^)/

 

 

 

今日はちょっぴり真面目な話・・・(笑)

読んでいただいてありがとうございます♩