歯科衛生士の根本です。

みなさんフッ化物は子供に使うものだと思っていませんか?

実は大人にも効果があるものなのです!そもそもフッ化物とは、自然界に広く存在し、海草類や魚介類、果物やお茶にも含まれている元素です。

歯に対しても虫歯予防効果が認められ、さまざまな効果があります。

IMG_4859

1.初期虫歯を治す

歯は食事をするたびにカルシウムやリンなどのミネラルが溶け出し(脱灰)し、唾液の緩衝能という作用により、溶け出した成分の修復(再石灰化)が行われます。

このバランスが崩れると歯は虫歯になってしまいますが、フッ化物はこの“再石灰化”を促進させる効果があります。これにより、歯に多くのミネラルが戻り初期虫歯が治っていきます。

2.歯を強くする

再石灰化が行われるときに、歯の表面のエナメル質の成分と結びついてフルオロアパタイトという硬い組織になり、歯を強化します。歯が強くなることによって、ミネラルが溶け出す“脱灰”もしにくくなり、初期虫歯の発生も防ぎます。

3.虫歯菌の活動を抑える

虫歯は、虫歯菌の出す酸によって歯を溶かす病気です。フッ化物を塗布することで虫歯菌の活動を抑えます。酸の量を減らし、歯が溶けるのを防ぎます。毎日の低濃度のフッ化物使用と歯科医院での高濃度フッ化物塗布を併用することで、虫歯予防効果を最大限引き出すことができます。

上手にフッ化物を使用して虫歯に負けない丈夫な歯を作りましょう!